2017年07月11日

那覇市議会議員選挙結果



 7月9日(日)に行われた那覇市議会議員選挙は、自民党が4議席から7議席と3議増やしたが、まだまだ少数政党だ。それよりも共産党が議席を増やしているのが危険。また、社民党は1議席減らしたものの、全国ではもはや絶滅危惧政党であるにも関わらず、沖縄ではいまだに根強い人気がある。自治労、沖教組、高教組、全軍労、マスコミ労協などの組織の力が依然強い証である。子供たちの将来を考えると、本当に危機を感じる。愛媛県が50年も前に日教組を追い出すことに成功している。沖縄も後に続きたい。
 とにかく、翁長知事が道連れに自民党から引き抜いていった那覇市議、県議はほぼ落選している。自民党を裏切り、沖縄県民を裏切り続ける翁長知事とオール沖縄に県民がNOを突きつけ始めてる。来年、必ず政権を奪還する。風は保守に吹いている。マスコミの捏造・偏向報道に気づいてきてる。
posted by するめのよっちゃん at 00:14| Comment(0) | 政治関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください